トップ > 過去の記事

つくるよろこび ファブリカ村

2019年10月24日 10:05  MIJP企画経営

NPOの理事を、ずっと続けていただいている
北川陽子さんが村長を務められているファブリカ村
2019年10月23日に、めでたく10歳を迎え、
その周年祝いのパーティに参列させていただきました。

IMG_7326.JPG


北川織物から数えると、60年の還暦だそうです。
副知事や議員など地元の名士から行政関係者、長年のモノづくりの同士や、
ファブリカ村開村後、新たに関わりを持たれた方々など、
大変多くの方々がお祝いに駆け付けられ、盛大に執り行われました。


村長の陽子さん(右)、副村長の順子さん(中央)、たみさん(左)
IMG_7339.JPG


設営に至っても、スタッフの方々の手作りに感は、本当にステキで、
ケータリングもチョークアートも飾られたフラワーアートも
みんな、ここのコワーキングで活躍する「村びと」さんです。
個人的にさすがと思ったのは、ロールスクリーンが生地の反物だったとこ。

IMG_7360.JPGIMG_7366.JPGIMG_7363.JPG


これまでの苦難の道のりも持ち前のキャラクターで
絶やすことなく、種をまき続けた=前に進み続けられた結晶が
そこに集まった人たちに咲いた「笑顔」だったように思います。
なにより91歳を迎えられたお母様の、元気なお姿にも感動です。

IMG_7350.JPG


お開きの際には、盟友・市田恭子さんのお手引きで、
会場にいる人全員で声高らかに万歳三唱!
前日執り行われた、令和天皇ご即位の式典に負けず劣らず、
北川さんらしさが随所にみられた、とても温かな時間でした。

思えば、北川さんと出会ったのは、ファブリカ村ができたすぐあと。
元の北川織物の工場を改修し、ファブリカ村とした経緯や想い、
これから取り組んでいかれること、そして、日本のモノづくりの行く末について、
2階の和室で、じっくりとお話を伺ったのを今も記憶しています。

お互いにNPOの活動に賛同して、忙しい中にもかかわらず、
いつも先陣切って参加される姿を拝見していて、
何てパワフルな方なのだろうと圧倒されていましたが、
見る限り、そのパワーは衰えるどころか、今も全開です 笑 
(10月27日には一般の方も参加できる記念イベントがあるようです。)

場の持つエネルギー、引力、その中心にいる北川さん(女帝 笑)。
継続の大切さを再認識するとともに、その功績を心から敬意を表します。

さらに、ここが北川さんの素晴らしいところで、
次の10年。20周年もやります!と、元気に宣言もされていました。
「お母さん、100歳やで!」

まだまだ目が離せない北川さん、こちらも負けないように精進しなければ。
改めまして、おめでとうございます★

NPOメイドインジャパンプロジェクト
代表理事 北村圭介




物流「コスト」でなく「税」として考える

2019年10月 8日 13:59 

先日、ある生地メーカーの展示会にお邪魔して、社長と話をしていたときのこと。

紹介された生地は、定番をリニューアルさせたそうだが、
従来より37%軽量なのだと説明を受けた。
たいていは糸の量で重量が決まるわけで、同じかそれ以上の品質を担保しながら、
4割近く軽量化させるのは、いかに大変なことかは容易に想像がつく。

すごい技術ですね、と感心していたら、本当の理由が実に興味深かった。

「重いとね、運送屋さんが持って行ってくれないんですよ。」

たいてい路線便の集荷というのは、特別に指定しない限り、
その日の夕方から夜に行われている。
受注した商品の伝票処理をして、商品を準備し、送り状を張れば、
概ね出荷業務は完了し、集荷場所へ置いておく。

しかし、だ。
近年、運送業者からその場で「引き取れません」と言われるのだそうだ。

メーカーとしては、それはマジでかなわない。
今日出荷して、明日、遅くとも明後日までには納めてもらう段取りをしているし、
仕入れ側だって、当然そのつもりで生産ラインの準備をしている。

そこにきて、この期に及んで持っていけないと言われたら、
顧客との信用問題にかかわる。
ただ、文句を言っていても、物は動かないから、
結果、彼らは、自社の営業が荷物を持って走ることになる。

さらには、一つの業者では断られるから、複数の業者へバラバラに荷物をいれ、
別々の伝票で配達をしてもらう段取りをしていたこともあるそうだ。

信頼獲得のために、そこまでしていた生地メーカーには頭が下がるが、
そうでもしないと、商品を届けることができないのが現状でもある。

件の社長が誇らしげに話してくれた意味が、ようやく理解できた。
定番品の、目に見えないコスト削減が達成できたのだから、
大げさではなく、万感の思いであったのだろう。

さて、最近では、モノづくりに対する価値感が、
一様に下がっているのではないかと危惧している。
何より、我々がその境遇に身を置いて感じているから、
なおさら死活問題どころの騒ぎではないのだ。

このことを疑問に思ってほしい。

一つの商品をつくるために、あらゆる材料を仕入れて加工して製品にする。
当たり前の話だが、それらは方々から配送されてくる。
売上に対する荷造運賃(物流コスト)は昨年と比べ、5%から6%へと上昇した。
たかが1%だが、上昇率は20%なのだ、すべての物流で。つらくないですか?

商品価格に転換すればいいが、ご存知の通り、世の中そんなに甘くない。

通信業界では、データのやりとりが著しく発達し、
それにかかるコストは、何十分の一になっているだろう。
ひょっとしたら、何百分の一かもしれない。

Amazonや楽天がドローンでの配達実験に余念がないし、
物流網を効率化させるために、企業買収などの投資をしている。
ただ、それはあくまで個人客相手のものだ。
もちろんそこから便利になることは大いに賛成だが、
10キロの反物を20反も50反も一度に運べはしないだろう。

モノが物理的に動くには、どれほどIT、AI、IoTなどの技術が発達しようと、
中小零細メーカーの物量では、人の手は必ず必要になる。

IMG_3237.JPG


少し前にこれらに関する動きもあったが、一向に改善されていない。
少なくとも我々の肌感としては。
誤解のないようにだが、決して物流業者を批判したいわけではない。
彼らも血のにじむ努力を続けることは想像に難くない。

であるから、すべての「送料無料」制度を禁止してはどうだろう。
そして、この際、消費税くらい、別個で徴収する。
もちろん極論ではあるが、物理的にモノが動かないと成り立たないのであれば、
物流コストは、そのくらい別ポジションをとってもらっておいた方がいい。

ちなみに、海運業はどうかというと、価格は上がっていないそうだ。
ますます日本のモノづくりは、厳しい局面を迎えているといえる。

まくらのキタムラ
北村圭介

【参考文献】
楽天市場のこれから 三木谷 浩史氏が語る
「物流へ2000億円投資」「送料無料ライン」「ZOZO追撃」他 (1/2)


アマゾンジャパン スピード配送を縮小へ、対応エリアは都内10区のみに、
マツキヨの配送代行も中止


楽天は2,000億円を投資、ヤフーがZOZOを買収して手に入れたのは
物流システムだった?=シバタナオキ


ZOZO買収、ヤフーが本当に欲しかったもの

宅配各社の「空飛ぶトラック」 そんなに急いで何運ぶ

トラックの人手不足問題に一石、ナンバーをAIで読み取り効率化




コルチッサ・イ・ヴィーニョってなんだ?

2019年9月16日 15:22  その他企画眠り

この度、新しいブランドを立ち上げた。
新作は、2019年9月18日から23日 阪急うめだ本店 9階 祝祭広場にて開催される、
よい道具、よい器を持ってあした"工芸ピクニック"に行こうでお披露目したい。
(主催:一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン

JqkxIj-s.jpeg

Photo by  Sugiura Yuki

ブランド名の「コルチッサ・イ・ヴィーニョ(Cortica E Vinho)」は、
ポルトガル語で、「コルクとワイン」という意味で、コンセプトは、

ワインをこよなく愛する人たちが、ワインと暮らす、新しいライフスタイルブランド

以下に、ブランドストーリーや想いを記しておきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

芳醇なワインの打栓には、気密性、耐酸性、弾力性、復元性、そのどれをとっても、やはりコルクが一番優れているといえる。ただ、それだけではない。見事な手さばきで抜栓された瞬間、永い眠りから覚め、再び空気に触れたワインの染みついたコルクから漂う香り。人々の視覚や嗅覚へも訴えかけてくる。それがどれほど豊かな時間へと誘うだろうか。冒険の末に巡り合った宝箱を開けたときのようなワクワク感だ。他のものでは到底代替することができない、とても価値あるひと時となる。

コルクがワインに打たれた歴史は、400年以上前に遡る。樽で飲まれていた時代から、ガラス瓶が登場したのと時をほぼ同じくして誕生し、ワインは瞬く間に世界中へと広がった。かの織田信長公もフランシスコ・ザビエルによってポルトガルからもたらされたワインを嗜んでいたのは周知の事実だろう。そのコルクは天然素材が故に、確かに限りある資源でもある。今や世界中で良質なワインが醸造されているが、実は市場にあるコルクの70%以上がポルトガル産だ。コルクは、樫の木の仲間で生命力が強く、樹齢250年以上のものも数多く存在する。一時期、コルクの採取が環境破壊に繋がるとして、ヨーロッパで不買運動にも発展しかけたが、これは事実と異なる。なぜなら、コルクの原料は、伐採ではなく樹皮をはぐことで採取し、これを9~12年周期で順に行うからだ。つまり、どれほどコルクが使われたとしても、コルク樫の森が痩せてなくなることはない。むしろ、再生を繰り返している。

当然、使用後のコルクは廃棄されるのだが、実は東京都内のレストランだけでも1億5千本という数のワインが年間に消費されている。そこで、ふと思った。

(このコルク、これでもう役目は本当に終わりなのだろうか。。。)

さて、生地にも目を向けてみよう。コルチッサ・イ・ヴィーニョで使う生地は、上質なリネン100%だが、実は細糸の麻を紡ぐ際の残糸を再利用して織られている。そのため、ネップと呼ばれる、繊維が絡み合ってできた節(糸のかたまり)があり、生地自体の表情は決して均一ではなく不揃いだ。そして染色に、長野県塩尻産メルローワインの製造過程で発酵させた後の、廃棄されるブドウを使用する。これは「のこり染め」という特殊な染色加工技術で、不思議なことにポリエステルなど人工的な糸では染まらない。よって、風合いはとても自然味に溢れ、深みのある上質なパープルの発色に染め上げられている。

しかしながら、こういった素材を活かしたコルチッサ・イ・ヴィーニョは、よくある「環境保護を謳ったブランド」ではない。世間ではSDGsなど、地球環境と人々がどう暮らすかがよく取り沙汰される。それはそれで、大切なことであるが、今の世の中は、モノづくりに対する考え方に大きな変化が起こっている。偏った情報が流布していたり、工業化やAI化が進んだりする中で、モノづくりの在り方や価値について、改めて見直していくきっかけになれればと思う。どれだけ多くの人たちが携わり、どれだけ多くの人たちの生活を支えているのか。スクリューや合成樹脂は、手軽で安価なのかもしれないが、果たしてそれはどういうことだろうか。

「自分たちの役に立つだけのものではなく、自分以外にとっても意味のあるもの」

あえていうなら、そういった視点でこのブランドを選んでいただけると幸いだ。ただ、それ以上になく、「あ、実はこれ、こうなんだ。」という、いわば酒の肴。コルチッサ・イ・ヴィーニョはそんな存在になりたい。蘊蓄を聞いたら、「へぇ、そうなんだ。いいね。」と一言だけ言ってグラスを開け、また別のワインのコルクを抜いたら、仲間たちと「サルーッ!」と乾杯をしてほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご協力いただいたのは、KURAKIN(クラキン)さんと、Tokyo Cork Projectさん。
まくらのキタムラが商品開発を手掛けた新しい取り組みだ。

※取り組みにご興味のある関係各所におかれましては、私までご一報お待ちしています。

まくらのキタムラ
北村圭介





社長にイエスマンはいらない

2019年8月31日 17:19  経営

今、いろいろと社内の改革をしているところで、
必要だと思う資料があり、それをある社員に伝えたときのこと。

いろいろ(熱を込めて!)説明した後に、
「それで、それを何に使うんですか?」と聞かれ、カチンとくる。
(いいから、作ってくれよ!)とノドまで出かかったが、グッとこらえた。

 冷静になろう。

以前、ある勉強会で、こう教えられたことがある。

自分がお願いしたことに対して、
「社長、それの目的は何ですか」と、いちいち社員に聞かせるといい。
その答えに自分が窮するようなら、おそらくその資料は必要ない。
社員の時間を無駄に奪っている可能性がある。


俺が作れと言ったら作れ、と、社長というのは言いたくなるものだ。
ただ、これがパワーハラスメント以上に、百害あって一利もない。
自分がそれを見て、次の行動が何であるかが明確でないものは、
すべて浪費なのである。

限られた社員の、限られた時間を有効に活かす場を提供することが
零細企業の社長の役割の一つだ。
深く考えずに、何かをすること、させることは絶対に避けなければならない。
社長を満足させるために仕事をしてもらっては困る。
向くのは、あくまで「顧客(社会)」のはずだ。

社長のイエスマンが、実は会社を蝕んでいる、といったことはよく聞かれる。
また、新しい社員が、古参に、これってなんでこういう風なんですか?と尋ねても、
明確な回答はなく、昔からこうだったという常套句でもってねじ伏せられる。

こういう古参の社員のやってる感と、若い社員のやらされ感の戦いも不毛すぎる。

生産性と言われているこの世の中、改めて業務の棚卸をしてみた方がよさそうだ。
今は、アプリなども発達して、例えば帳票類はかなり効率化されている。
少ない労力で、よりタイムリーに分かることも増えた。
どんどん活用すべきだ。

自分の仕事を最適化する方法(カイゼン)は、常に考えていきたいし、
考えてくれる社員になってほしいと願うから、まずは自分がやる。

しかし、一方、それらに使われているようではいけない。

時には手書きのメッセージで気持ちが伝わる。
そこも外してはいけないだろう。
毎月、社員とパートに一筆書いて、給与明細と一緒に封入するようにしている。
先輩経営者が実践していると聞き、それをまねた。

大切なのは、その業務の目的は何か、何がゴールか、であり、
そこへ行くための方法は、決して一つではないと知ること。

下道をずっと走ってきたが、高速が開通したら30分早く着ける、というように、
ひょっとしたら、明日には変化しているかもしれないのだ。

幸い、うちには、そのあたりに厳しい社員がいてくれるからありがたい。
非常に緊張感を持って、業務に携わっている。

IMG_0044.JPG


冒頭のやり取りは、その後、こう続く。

彼:それによって、どのレベルで、
 どのくらいの熱量でやればよいかがありますから。

私:これまでそういう資料がなかったので、
 ざっくりでもいいから、まずは数字をつかみたいんだ。

彼:そうすると、じゃ、細かいところはなくてもよさそうですね。

私:うん、一旦、それぞれの全体像が分かればいいんだ。
 それで不足するようなら、その理由を伝えるのでもう少し掘り下げてほしい。

彼:では、ビジネスの大きい上位10社くらいからやってみましょうか。
 それなら、今ある情報をまとめるだけだから、カンタンにできそうですよ。

と、さっそく取り掛かってくれ、その日のうちに資料はできあがってきて、
見ると、思い通り、知りたい内容になっている。

さっそく、私は数字を見比べた上で、いくつかの営業先へアプローチをかけた。

まくらのキタムラ
北村圭介





ホモフィリー最強説

2019年8月21日 16:33  その他企画経営

先日、「さとなお」こと、佐藤尚之さんの講演を拝聴した。

すでによくご存知の方も多いと思うが、
今、ホットな(死語)マーケティングとして知られる、
ファンベース」を提唱されている方である。

同級生に紹介されて読んだ著書に見事にハマり、社内で社員に読ませ、
ことあるごとに、周りでもおススメしている、すっかりファンの一人となった。

おおよそ本にも書かれていることがあるので、ネタバレもあるが、
講演の内容を備忘録として、ここに記しておきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今いる顧客を大切にする】
彼らにたいして、いかに誠実になれるか。
→「感情を相手にする」。

ファンとは「自社の大切にしている価値観を理解して支持してくれる人」と定義。
だから、企業としては、機能価値を追求するのではなく、情緒価値を高めていく。
→ここはコピー(マネ)できない!

【実は、地方はネットがいらない?】

ファクトとして、情報産業の80%が、都心部に集中している。
電車とマイカーの年間利用率を比べると、電車利用はほとんどが大都市圏。
そもそも地方ではそれらが発展していない。代替するものは、おそらくバス。
→「ホームでスマホ」は当たり前の風景ではなく、実は限られている。

SNSのヘビーユーザーの22%が、利用時間80%を超えている。
ツイッターのバズも、コアな900万人の中でだけ起こっている。
全日本国民のたった7.5%程度。
→デジタルは使えば使うほど、それ以外が見えなくなってしまう危険性。

【最も強いインサイトは、「家族や友人からのおススメ」である】

信頼度は、有名人などの3倍ある。
→価値観が近く、自分にも合っているのでは、という気になる。

ホモフィリー(Homophily)=似た者同士、類は友を呼ぶ
その信頼する人が、「+熱意」を持って勧めるものは=最強!

【ファンは少数(20%)である】
パレートの法則はしっかりと作用している。
ファンマーケティングではなく、ファンベース。
だから、ファンを「増やす」のではなく、「大切にしていく」という考え方。
どんなものでも、全員に好きになってはもらえない。当たり前。
いいところをどんどん伸ばしていけばいい。
→ある程度、割り切る。悪いところは無視。笑

【ブランド(店)の価値を磨くこと→商品ではない!】

共感 =常連の価値を磨いていく。     → 熱狂!
愛着 =その価値を他には代えがたいものに。→ 無二!
信頼 =提供元の評判、評価をアップさせる。→ 応援!

【浮動層に惑わされない。】
彼らは根付かない。流れていくだけ。
→ブームは流行。結局「流れて行く」ものだ。

オーセンティックなバーに常連(古い固定客)がいる。
店主は新規(例えば若い人)にも来てほしいな、と思う。
それに向けて施策 → 流行りのカクテル?価格を下げる?
ある程度は来るが、根付かない。
結果、常連も居心地が悪くなって去ってしまう。。。

常連に、若い人を連れてきてもらう。
それに向けて施策 → 会員制と称する?名前で呼ぶ?
新たな若い客に特別な場所となる。常連客も鼻が高い。
→老舗のスナックのママは、この辺りが実にうまい。

【とにかくファンから「傾聴」する】

考え方としては、「身近な人に喜んでもらうにはどうすることか?」
テクニックではなく、対人。相手をよく観察する。
アンケートやヒアリングは意味がない。
想像の範囲を超えないし、こちらが意図した「ほしい答え」が出るだけ。

ファンミーティングをしてもらい、ファン同士で好きに話をしてもらう。
→それに聞き耳を立てているだけ。導かない。どこにツボがあるかを探っていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SNSのところは、改めて気づかせてもらった。
いわゆるファクトフルネスが効いている。

先日の参院選の投票率をみると、それが如実に表れているといっていい。
あれだけSNS上でみんな行こう、義務だ、この人の話を聞け。頼む、行くだけでいいから。
そういったツイートやポストがあったにもかかわらず、
投票率がほとんど過去と変わっていないという事実。

そして、話題性のある方の当選など、少し趣の違う現象が起こったことも、
その結果と言えるのではないだろうか。

一部の方々にとっては嘆かわしい事実でもあるだろうが、
結局のところ、SNSユーザーの意識が高まって、あとは、ご年配の方々だろうか、
そのあたりの投票率が高かったのだ(これは以前と変わらないのだとおもう)

いずれにしても、政治家にとっては、選挙戦こそまさにファンベースだ。

100食限定でそれ以上は作らない。結果売上至上主義から解放された飲食店がある。
あまたある菓子パンの中から、クリームパンに絞って成長したパン屋がある。
企業からの試作の依頼が殺到する試作屋がある。
商品は、ジーンズだけのアパレルショップがある。

多くのマーケティングが成功事例として取り上げられるが、
真夏の夜の夢のごとく、消えてなくなったものも星の数ほどいる。
そこの違いをしっかりと見極めなければならない。

果たして自社は世の中に何を提供している会社なのか。
逆に何を求められているのか。どこを評価してもらっているのか。

効率ではなく、「寄り添う気持ち」が大切なのだ。と、さとなお氏は最後に教えてくれた。

(ファンベースの取り組みの一環として行った工場見学会)

2019-03-23 13.31.22.jpg


まくらのキタムラ
北村圭介





トップ > 過去の記事

最新のブログ記事

カテゴリー一覧

アーカイブス

商品一覧

ジムナストプラス

ジムナストプラス

72万個の枕を作り続け、72万人の寝返りを考えた結論。ジムナストプラスの誕生です。


ジムナストチャコ

ジムナストチャコ

より快適に、より簡単に、まくらの高さ調節ができる新機能を採用。消臭・抗菌効果のある炭成分も配合。


ジムナストキッズ

ジムナストキッズ

子どもの初めてのまくらに最適です。対象年齢は6歳から12歳。ぜひ、入学祝いの一品にどうぞ。


今治タオルカバー

今治タオルカバー

国内最大のタオルの産地である愛媛県今治市。そこで生まれたタオルカバー


ドライアイスカバー

ドライアイスカバー

体の熱を効果的に逃がし、吸水性が高くサラサラでヒンヤリ感が持続する特殊素材カバー


香るアロマカバー

香るアロマカバー

安眠効果のあるアロマオイルの香り。肌と髪にやさしいシルクプロテイン加工を施したカバー。


ジムナストミニ

ジムナストミニ

携帯枕に必要な要素...使い心地の良さ、コンパクトなデザイン、そして、清潔感。


その他のラインナップ





PAGE TOP
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923


©Kitamura Japan

OHTER LINKS

  • Kitamura Japan
  • Kitamura Japan Online Store
  • 産学連携枕プロジェクト
  • MIJP
  • まくらのキタムラ