トップ > 過去の記事

コルチッサ・イ・ヴィーニョってなんだ?

2019年9月16日 15:22  その他企画眠り

この度、新しいブランドを立ち上げた。
新作は、2019年9月18日から23日 阪急うめだ本店 9階 祝祭広場にて開催される、
よい道具、よい器を持ってあした"工芸ピクニック"に行こうでお披露目したい。
(主催:一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン

JqkxIj-s.jpeg

Photo by  Sugiura Yuki

ブランド名の「コルチッサ・イ・ヴィーニョ(Cortica E Vinho)」は、
ポルトガル語で、「コルクとワイン」という意味で、コンセプトは、

ワインをこよなく愛する人たちが、ワインと暮らす、新しいライフスタイルブランド

以下に、ブランドストーリーや想いを記しておきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

芳醇なワインの打栓には、気密性、耐酸性、弾力性、復元性、そのどれをとっても、やはりコルクが一番優れているといえる。ただ、それだけではない。見事な手さばきで抜栓された瞬間、永い眠りから覚め、再び空気に触れたワインの染みついたコルクから漂う香り。人々の視覚や嗅覚へも訴えかけてくる。それがどれほど豊かな時間へと誘うだろうか。冒険の末に巡り合った宝箱を開けたときのようなワクワク感だ。他のものでは到底代替することができない、とても価値あるひと時となる。

コルクがワインに打たれた歴史は、400年以上前に遡る。樽で飲まれていた時代から、ガラス瓶が登場したのと時をほぼ同じくして誕生し、ワインは瞬く間に世界中へと広がった。かの織田信長公もフランシスコ・ザビエルによってポルトガルからもたらされたワインを嗜んでいたのは周知の事実だろう。そのコルクは天然素材が故に、確かに限りある資源でもある。今や世界中で良質なワインが醸造されているが、実は市場にあるコルクの70%以上がポルトガル産だ。コルクは、樫の木の仲間で生命力が強く、樹齢250年以上のものも数多く存在する。一時期、コルクの採取が環境破壊に繋がるとして、ヨーロッパで不買運動にも発展しかけたが、これは事実と異なる。なぜなら、コルクの原料は、伐採ではなく樹皮をはぐことで採取し、これを9~12年周期で順に行うからだ。つまり、どれほどコルクが使われたとしても、コルク樫の森が痩せてなくなることはない。むしろ、再生を繰り返している。

当然、使用後のコルクは廃棄されるのだが、実は東京都内のレストランだけでも1億5千本という数のワインが年間に消費されている。そこで、ふと思った。

(このコルク、これでもう役目は本当に終わりなのだろうか。。。)

さて、生地にも目を向けてみよう。コルチッサ・イ・ヴィーニョで使う生地は、上質なリネン100%だが、実は細糸の麻を紡ぐ際の残糸を再利用して織られている。そのため、ネップと呼ばれる、繊維が絡み合ってできた節(糸のかたまり)があり、生地自体の表情は決して均一ではなく不揃いだ。そして染色に、長野県塩尻産メルローワインの製造過程で発酵させた後の、廃棄されるブドウを使用する。これは「のこり染め」という特殊な染色加工技術で、不思議なことにポリエステルなど人工的な糸では染まらない。よって、風合いはとても自然味に溢れ、深みのある上質なパープルの発色に染め上げられている。

しかしながら、こういった素材を活かしたコルチッサ・イ・ヴィーニョは、よくある「環境保護を謳ったブランド」ではない。世間ではSDGsなど、地球環境と人々がどう暮らすかがよく取り沙汰される。それはそれで、大切なことであるが、今の世の中は、モノづくりに対する考え方に大きな変化が起こっている。偏った情報が流布していたり、工業化やAI化が進んだりする中で、モノづくりの在り方や価値について、改めて見直していくきっかけになれればと思う。どれだけ多くの人たちが携わり、どれだけ多くの人たちの生活を支えているのか。スクリューや合成樹脂は、手軽で安価なのかもしれないが、果たしてそれはどういうことだろうか。

「自分たちの役に立つだけのものではなく、自分以外にとっても意味のあるもの」

あえていうなら、そういった視点でこのブランドを選んでいただけると幸いだ。ただ、それ以上になく、「あ、実はこれ、こうなんだ。」という、いわば酒の肴。コルチッサ・イ・ヴィーニョはそんな存在になりたい。蘊蓄を聞いたら、「へぇ、そうなんだ。いいね。」と一言だけ言ってグラスを開け、また別のワインのコルクを抜いたら、仲間たちと「サルーッ!」と乾杯をしてほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご協力いただいたのは、KURAKIN(クラキン)さんと、Tokyo Cork Projectさん。
まくらのキタムラが商品開発を手掛けた新しい取り組みだ。

※取り組みにご興味のある関係各所におかれましては、私までご一報お待ちしています。

まくらのキタムラ
北村圭介





社長にイエスマンはいらない

2019年8月31日 17:19  経営

今、いろいろと社内の改革をしているところで、
必要だと思う資料があり、それをある社員に伝えたときのこと。

いろいろ(熱を込めて!)説明した後に、
「それで、それを何に使うんですか?」と聞かれ、カチンとくる。
(いいから、作ってくれよ!)とノドまで出かかったが、グッとこらえた。

 冷静になろう。

以前、ある勉強会で、こう教えられたことがある。

自分がお願いしたことに対して、
「社長、それの目的は何ですか」と、いちいち社員に聞かせるといい。
その答えに自分が窮するようなら、おそらくその資料は必要ない。
社員の時間を無駄に奪っている可能性がある。


俺が作れと言ったら作れ、と、社長というのは言いたくなるものだ。
ただ、これがパワーハラスメント以上に、百害あって一利もない。
自分がそれを見て、次の行動が何であるかが明確でないものは、
すべて浪費なのである。

限られた社員の、限られた時間を有効に活かす場を提供することが
零細企業の社長の役割の一つだ。
深く考えずに、何かをすること、させることは絶対に避けなければならない。
社長を満足させるために仕事をしてもらっては困る。
向くのは、あくまで「顧客(社会)」のはずだ。

社長のイエスマンが、実は会社を蝕んでいる、といったことはよく聞かれる。
また、新しい社員が、古参に、これってなんでこういう風なんですか?と尋ねても、
明確な回答はなく、昔からこうだったという常套句でもってねじ伏せられる。

こういう古参の社員のやってる感と、若い社員のやらされ感の戦いも不毛すぎる。

生産性と言われているこの世の中、改めて業務の棚卸をしてみた方がよさそうだ。
今は、アプリなども発達して、例えば帳票類はかなり効率化されている。
少ない労力で、よりタイムリーに分かることも増えた。
どんどん活用すべきだ。

自分の仕事を最適化する方法(カイゼン)は、常に考えていきたいし、
考えてくれる社員になってほしいと願うから、まずは自分がやる。

しかし、一方、それらに使われているようではいけない。

時には手書きのメッセージで気持ちが伝わる。
そこも外してはいけないだろう。
毎月、社員とパートに一筆書いて、給与明細と一緒に封入するようにしている。
先輩経営者が実践していると聞き、それをまねた。

大切なのは、その業務の目的は何か、何がゴールか、であり、
そこへ行くための方法は、決して一つではないと知ること。

下道をずっと走ってきたが、高速が開通したら30分早く着ける、というように、
ひょっとしたら、明日には変化しているかもしれないのだ。

幸い、うちには、そのあたりに厳しい社員がいてくれるからありがたい。
非常に緊張感を持って、業務に携わっている。

IMG_0044.JPG


冒頭のやり取りは、その後、こう続く。

彼:それによって、どのレベルで、
 どのくらいの熱量でやればよいかがありますから。

私:これまでそういう資料がなかったので、
 ざっくりでもいいから、まずは数字をつかみたいんだ。

彼:そうすると、じゃ、細かいところはなくてもよさそうですね。

私:うん、一旦、それぞれの全体像が分かればいいんだ。
 それで不足するようなら、その理由を伝えるのでもう少し掘り下げてほしい。

彼:では、ビジネスの大きい上位10社くらいからやってみましょうか。
 それなら、今ある情報をまとめるだけだから、カンタンにできそうですよ。

と、さっそく取り掛かってくれ、その日のうちに資料はできあがってきて、
見ると、思い通り、知りたい内容になっている。

さっそく、私は数字を見比べた上で、いくつかの営業先へアプローチをかけた。

まくらのキタムラ
北村圭介





ホモフィリー最強説

2019年8月21日 16:33  その他企画経営

先日、「さとなお」こと、佐藤尚之さんの講演を拝聴した。

すでによくご存知の方も多いと思うが、
今、ホットな(死語)マーケティングとして知られる、
ファンベース」を提唱されている方である。

同級生に紹介されて読んだ著書に見事にハマり、社内で社員に読ませ、
ことあるごとに、周りでもおススメしている、すっかりファンの一人となった。

おおよそ本にも書かれていることがあるので、ネタバレもあるが、
講演の内容を備忘録として、ここに記しておきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今いる顧客を大切にする】
彼らにたいして、いかに誠実になれるか。
→「感情を相手にする」。

ファンとは「自社の大切にしている価値観を理解して支持してくれる人」と定義。
だから、企業としては、機能価値を追求するのではなく、情緒価値を高めていく。
→ここはコピー(マネ)できない!

【実は、地方はネットがいらない?】

ファクトとして、情報産業の80%が、都心部に集中している。
電車とマイカーの年間利用率を比べると、電車利用はほとんどが大都市圏。
そもそも地方ではそれらが発展していない。代替するものは、おそらくバス。
→「ホームでスマホ」は当たり前の風景ではなく、実は限られている。

SNSのヘビーユーザーの22%が、利用時間80%を超えている。
ツイッターのバズも、コアな900万人の中でだけ起こっている。
全日本国民のたった7.5%程度。
→デジタルは使えば使うほど、それ以外が見えなくなってしまう危険性。

【最も強いインサイトは、「家族や友人からのおススメ」である】

信頼度は、有名人などの3倍ある。
→価値観が近く、自分にも合っているのでは、という気になる。

ホモフィリー(Homophily)=似た者同士、類は友を呼ぶ
その信頼する人が、「+熱意」を持って勧めるものは=最強!

【ファンは少数(20%)である】
パレートの法則はしっかりと作用している。
ファンマーケティングではなく、ファンベース。
だから、ファンを「増やす」のではなく、「大切にしていく」という考え方。
どんなものでも、全員に好きになってはもらえない。当たり前。
いいところをどんどん伸ばしていけばいい。
→ある程度、割り切る。悪いところは無視。笑

【ブランド(店)の価値を磨くこと→商品ではない!】

共感 =常連の価値を磨いていく。     → 熱狂!
愛着 =その価値を他には代えがたいものに。→ 無二!
信頼 =提供元の評判、評価をアップさせる。→ 応援!

【浮動層に惑わされない。】
彼らは根付かない。流れていくだけ。
→ブームは流行。結局「流れて行く」ものだ。

オーセンティックなバーに常連(古い固定客)がいる。
店主は新規(例えば若い人)にも来てほしいな、と思う。
それに向けて施策 → 流行りのカクテル?価格を下げる?
ある程度は来るが、根付かない。
結果、常連も居心地が悪くなって去ってしまう。。。

常連に、若い人を連れてきてもらう。
それに向けて施策 → 会員制と称する?名前で呼ぶ?
新たな若い客に特別な場所となる。常連客も鼻が高い。
→老舗のスナックのママは、この辺りが実にうまい。

【とにかくファンから「傾聴」する】

考え方としては、「身近な人に喜んでもらうにはどうすることか?」
テクニックではなく、対人。相手をよく観察する。
アンケートやヒアリングは意味がない。
想像の範囲を超えないし、こちらが意図した「ほしい答え」が出るだけ。

ファンミーティングをしてもらい、ファン同士で好きに話をしてもらう。
→それに聞き耳を立てているだけ。導かない。どこにツボがあるかを探っていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SNSのところは、改めて気づかせてもらった。
いわゆるファクトフルネスが効いている。

先日の参院選の投票率をみると、それが如実に表れているといっていい。
あれだけSNS上でみんな行こう、義務だ、この人の話を聞け。頼む、行くだけでいいから。
そういったツイートやポストがあったにもかかわらず、
投票率がほとんど過去と変わっていないという事実。

そして、話題性のある方の当選など、少し趣の違う現象が起こったことも、
その結果と言えるのではないだろうか。

一部の方々にとっては嘆かわしい事実でもあるだろうが、
結局のところ、SNSユーザーの意識が高まって、あとは、ご年配の方々だろうか、
そのあたりの投票率が高かったのだ(これは以前と変わらないのだとおもう)

いずれにしても、政治家にとっては、選挙戦こそまさにファンベースだ。

100食限定でそれ以上は作らない。結果売上至上主義から解放された飲食店がある。
あまたある菓子パンの中から、クリームパンに絞って成長したパン屋がある。
企業からの試作の依頼が殺到する試作屋がある。
商品は、ジーンズだけのアパレルショップがある。

多くのマーケティングが成功事例として取り上げられるが、
真夏の夜の夢のごとく、消えてなくなったものも星の数ほどいる。
そこの違いをしっかりと見極めなければならない。

果たして自社は世の中に何を提供している会社なのか。
逆に何を求められているのか。どこを評価してもらっているのか。

効率ではなく、「寄り添う気持ち」が大切なのだ。と、さとなお氏は最後に教えてくれた。

(ファンベースの取り組みの一環として行った工場見学会)

2019-03-23 13.31.22.jpg


まくらのキタムラ
北村圭介





MAKURAもKIMONOも、みんなのもの

2019年7月26日 14:17  海外

キムカーダシアンというアメリカのタレントが、
補正下着のブランド名としてKIMONOを申請したことが話題になった。

日本人らしい反応で、当の本人は嘲笑しているのではないかと思う。
これもひとつの炎上商法なのかもしれない。
彼女は一部の限られたファン層から飛び出し、一躍、時の人になった。
もちろん日本においてだが。

結果的には、申請を取り下げ、別の名称にすることで終息したわけだが、
同じような経験から、受理されることはないだろうとは思っていた。

ただ、アメリカの特許庁も、「いい仕事」するのだ。

おおむねここに書かれている内容と同じではあるが、
当社の顧問弁理士にも、本件について確認したところ以下の回答を頂戴した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

最も登録されにくい指定商品は、類似群コード(世界共通)が17A03の和服(≒着物)です。「KIMONO」は英語において和服の一般名称ではありませんので、本来、登録の可能性はゼロではありません。

しかし、日本語としては和服の一般名称であり、現在のネット社会を考えると、その事実を米国でも入手できるとは思いますので、登録は難しいのかなと思います。御社で出願した「MAKURA」はまさにこのパターンでした。今回の出願人も、アメリカでは「KIMONO」は被服の一般名称ではない、という事実を根拠として出願したはずです。

次に登録されにくいのは、類似群コード17A01の洋服や17A02の下着・寝巻き類です。これは、「KIMONO」が広義で日本語としての衣服を意味しますので、「KIMONO」は英語において洋服等の一般名称ではありませんが、身につける指定商品については現状では登録が難しいかもしれません

一方、登録の可能性がでてくるのは、かばん、ベルト、くつ類です。これは、かばんや靴に対して「KIMONO」は元々日本語でも一般名称ではないため、登録の可能性はあると思います。

なお、「KIMONO」に何かワードが追加されて、「KIMONO○○○」という商標の形になってくると、今度はそれは「造語」になってくるので「17A03の和服や17A01の洋服など」でも登録の可能性がでてくると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカの特許商標庁(USPTO)は手ごわいのだ。
文化的背景もしっかりと見極めてくる。
ある意味では安心といえる。

そもそもどういう経緯で漏れ伝わったのかわからないが、
騒がずとも法の番人は正しい判断をしただろう。

うちも文化的側面から切り込んだにもかかわらず、リジェクトされた。
うーむ、タイミングがちょっと遅いんだな。
(参考:なぜMAKURAを商標登録したのか

まくらのキタムラ
北村圭介




名うて経営者の、人を育てる極意

2019年7月13日 16:10  経営

経営者の仲間10名程度で、アジアへ研修旅行に行った。

基本的にバスで移動となるため、長い時間、いろいろな話をする機会も多く、
それだけでもとても勉強になる。

70歳を超えたある経営者Aさんは、一代で上場をさせ、莫大な資産を築いたものの、
それを、子供に残すつもりは全くないという。

今は、後世に伝えるべく、若者へ積極的に投資をしている。
女に惚れるよりも、男に惚れるとタチが悪いんだよ、と笑って話す姿が印象的だ。

さて、そんな折り、「ASEAN」について話題になった時のこと。
一人がこんな話をした。彼を、Bさんとしよう。

空港の列で、右がASEAN、左はそれ以外というレーンがあって、
近くにいた老夫婦が「私たちはどっちなの?」と喧々諤々やっているのを見かけ、
その人は「(日本はASEANだろ。何をいまさら言ってるんだ)と思いましたよ。」と。
(あれ、いや、日本は、ASEANじゃありませんよ。)と思ったわけだが、
その時は、ふんふんと聞き流した。

そしたら、Aさんがこう切り返したのだ。
「そうか。あれ、ASEANって、そもそも何の略なの?」

Bさん「ん?そういえば、なんでしたっけ?」
隣にいた私がググってみたところ、「東南アジア連合」ですね。
Aさん「そうかぁ。あれ、東南アジアだから、日本入るんだっけ?」
Bさん「あ、日本、入ってなかったですね。」
Aさん「そうだね。」

会話としてはそれっきりで、別の話題になったのだが、
「この人、すごい正し方するな」と頭から離れなかった。

ASEANも知らんのか、ということは、この際、置いておいて、
Bさんの話を聞いた時点で、AさんはBさんが間違っていることに気づいていた。
ただ、頭ごなしに「あんた、間違ってるよ」とは言わない。
結果的に、Aさんが気づいて訂正したのだ。

また、空港に着くや、「タイの両替は、地下にレートのいいところがあります。」と、
両替役を買って出た人がいた。彼はタイに会社もある人物で詳しい。
もちろん我々は、それはいい情報だ、と彼に頼った。

IMG_9106.JPG


ただ、行ったきり、30分経っても一向に帰ってこない。。。
各々、wifi設定やら、メールチェックやらを済ませて待ちくたびれていると、
「列が混んでて、時間かかってすみません!」と、ようやく返ってきた。

確かにレートはよかった。
しかし、日本円にして、数百円程度の違いである。
団体で、その間、待っているのと比べ、どれほどの価値があるのか。

そんな時も、Aさんは笑顔を浮かべ、
「時間、かかったろ?悪かったな。ありがとうな。」

私の思い過ごしかもしれないが、
彼は、こんな調子の人だから、ほとんど間違いなく意図的にやっていると思う。

きっと、Bさんは、自分の間違えに「自分で」気づいたと思っているし、
両替をしに行ってくれた彼は、仲間に貢献したと思っているに違いない。

間違いを訂正するだけなら、「違うよ」といえば、カンタンだ。
しかし、プライドのある人やよかれと思っている人に対しては、どうだろう。

コミュニケーションは一方通行では成り立たない。
常に相手の気持ちになって接することが大切なのだと考えさせられた。

まくらのキタムラ
北村圭介





トップ > 過去の記事

最新のブログ記事

カテゴリー一覧

アーカイブス

商品一覧

ジムナストプラス

ジムナストプラス

72万個の枕を作り続け、72万人の寝返りを考えた結論。ジムナストプラスの誕生です。


ジムナストチャコ

ジムナストチャコ

より快適に、より簡単に、まくらの高さ調節ができる新機能を採用。消臭・抗菌効果のある炭成分も配合。


ジムナストキッズ

ジムナストキッズ

子どもの初めてのまくらに最適です。対象年齢は6歳から12歳。ぜひ、入学祝いの一品にどうぞ。


今治タオルカバー

今治タオルカバー

国内最大のタオルの産地である愛媛県今治市。そこで生まれたタオルカバー


ドライアイスカバー

ドライアイスカバー

体の熱を効果的に逃がし、吸水性が高くサラサラでヒンヤリ感が持続する特殊素材カバー


香るアロマカバー

香るアロマカバー

安眠効果のあるアロマオイルの香り。肌と髪にやさしいシルクプロテイン加工を施したカバー。


ジムナストミニ

ジムナストミニ

携帯枕に必要な要素...使い心地の良さ、コンパクトなデザイン、そして、清潔感。


その他のラインナップ





PAGE TOP
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923


©Kitamura Japan

OHTER LINKS

  • Kitamura Japan
  • Kitamura Japan Online Store
  • 産学連携枕プロジェクト
  • MIJP
  • まくらのキタムラ