トップ > 過去の記事

付加?違う。価値は【生み出す】んだ。

2019年3月12日 14:37  MIJP

名古屋市からの受託事業として、NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト
デザイナー梅原真氏を迎え、セミナーを開催した。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」などにも出演したことで知られる、
地域に根付いた、土地の力を引き出すデザインに定評がある。

一方、非常にストイックであり、いい加減なことを嫌う。
分かりやすく言えば、「気難しい怖い人」カナ。
滅多に講演なども行わないそうだが、
プロジェクトを担当していただいたゴーアヘッドワークス蒲さんの熱意に絆され、
この度、「あまり行ったことがない」という名古屋へお越しいただいた。

高知県の土佐山田にある事務所まで、事前挨拶へ伺う際も
関係する書籍を読み漁り、WEBも調べ、できるだけ準備していったにもかかわらず、
いざ目の前にすると、ものすごい存在感で、勝手に圧倒されてしまい、しどろもどろに。。。
当日もどうなることかと、ずっと不安だった。

そのことは100名を超える参加者はみんな知っていたようで、
始まるまでは、いつになく緊張感が漂っていた。
しかし、一言話し始めたら、一気に、梅原ワールドに会場が引き込まれる。
感嘆する場面や、笑顔がこぼれる、とても和やかな雰囲気となった。
プレゼン資料も、さすがのクリエイティブで分かりやすく、
90分という時間も、あっという間に流れた。

人のもので測るのではなく、自分たちの尺、モノサシで測るということ。
個性を想い、それを活かす(生かす、かもしれない)ということ。


彼は70歳にもなるが、あえていうと好奇心の塊みたいな人。
スタンスとしては、「おもしろがる」だ。
それは、本質を見極めるということとイコールなのかもしれない。

ローカルを探っていったら、世界へつながったというように、
砂浜美術館四万十バッグは好例であり、実際に世界各国で展開されている。
ローカルを追求している居酒屋が、実は超グローバルだったという話をきいたことがあるが、
つまり、そこにアイデンティティがあり、それが唯一無二の誇るべき存在である証だ。

彼は、付加価値という表現を嫌い、
「違うやろ。そうじゃない。価値は【生み出す】んだ。」と伝えてくれた。
海士町のコピーにある「ないものは、ない」は、実は「なんでもある」ということ。
ない物ねだり、隣の芝生がグリーンに見えてしまうように
自分を卑下するのではなく、それこそが価値なのだと語ってくれた。

だから、あらゆる要素を集約させて、ギューッと1滴を抽出する→生み出す。
そんなイメージだ。

ただ、これが、むずかしい。
一朝一夕ではできないから、結局また紆余曲折、悩みながら進むのだろう。
それでもあきらめてはいけない。自分たちを信じていこう。
梅原さん、ありがとうございます

まくらのキタムラ
北村圭介

2019-03-11 09.12.39.jpg




中国キャッシュレスの凄み

2019年2月27日 16:29  その他海外

道端の物乞いがQRコードを表示してるとか、店頭のQRコードをすり替えてる犯罪とか、
まことしやかなウワサ話が絶えない中国のキャッシュレス事情ではあるが、
小生が目の当たりにした出来事を2つ紹介したい。

1つ目は、展示会の帰り、ごった返している切符売り場で起こった。

散々並んでようやく自分の番が回ってきたというのに、
キャッシュオンリーだった発券機に戸惑う男性。
「なんだよ、チクショー」とでも言いたそうで、気持ちは分かる。
いかにも今の中国を象徴する光景だ。

彼が現金を持っていないのに気づき、後ろの女性が話しかけた。
言葉は分からないが、何度か言葉を交わしたあと、
彼女は彼に現金を渡し、彼はそれで切符を購入した。

そして、その後、スマホでやり取りをしている。
どうやら彼は電子マネーで返金したようだ。
彼は軽く礼を言うと、さっそうと人混みの中へ消え、
彼女は何事もなかったように自分のを購入した。
目の前で起きた一瞬の出来事。すごい世の中だと思う

また別の時には、こんな経験もした。

そこは、キャッシュは受け付けないお店だった。
クレジットカードなら、できるかも、、、ということでVISAを渡すが、
受け付けられないから違うカード、マスターで。
それもダメで、アメックスも、もちろんダメ。

どうしたものかと困っていると、彼女もしばらく考えてくれ、
そして、閃いたように、中国元を受け取ると、
なんと彼女が電子マネーで支払いをしてくれた。
いやぁ、すごい世の中だと思う。

キャッシュレス化によって、資産は筒抜けになっているはずだ。
自分の財布の中を見られてるようなものなのに、それでもいいのかと尋ねると、

「我々には、そもそもその類の概念がないよ。
 であれば、より便利になるのがいいに決まってるだろ。」

と話してくれた。

あんまり後先は考えていないようだ。
なんとも、たくましい限り。

まくらのキタムラ
北村圭介




修行経験ゼロの素人が握る寿司屋

2019年2月27日 16:02  その他

少し前の話になるが、ある方の紹介で、変わった寿司屋へ連れて行ってもらった。
なんでも、今までどこかで修行した経験が一切ない若者が
一人で寿司を握って、振る舞うという。

耳を疑った。

寿司屋といえば、日本食の最高峰であり、言わずもがな、世界に誇る、日本の食文化である。
一人前になるには、少なくとも10年は大将の元で修行をし、
ようやく自分の店に、暖簾をかけることが許される、厳格な世界のはず。
それを全く経験のない人間、彼は20代半ばというが、できるわけないだろう。

7席ほどのカウンターで、一日二回転、 18時と20時に
相席の客も同時にスタートさせると言ったスタイル。
私の予想に反し、その店は着実に予約客を取っている。
フーディー、いわゆる美食家たちも多く来店するのだそう。

私はそんなことが理解できなかった。
今回、紹介していただいた方も、あらゆるジャンルの食に通じている。
なぜ、わざわざニートだった人間が立ち上げた、得体の知れない寿司屋に行くのか。

そして、いよいよ始まったコース。
手際はよく、配膳されて、ビールと一緒にいただいた。
二品目、三品目が出された時、その意味がわかった。

客が店の味付けに口を出すのは、よっぽどのことがない限り、ご法度ではないか。
気に入らなければ、次から行かなければいい。作法といってもいいのかもしれない。
店主にしたって、こだわりの味にケチをつけられることに、いささかいい気分ではないだろう。

しかし、この店、客が味付けに対し、バンバン注文をつけているのである。
いや、むしろ、そういう雰囲気があり、言わせてるのかと思うくらいだ。
ネタの並んだカウンター越しの若い大将は、それを真摯に受け止めている。

これは、なるほど、と。

ひょっとして彼は、これら美食家たちの味覚を聞いているのか。
彼は創作に意欲的で、とても挑戦的なメニューの握りが出る。
それに言いたい放題なくらいに注文を付ける。
お腹以上に、フーディーたちの欲求を満たしているような気がした。

こういう店があってもいいんだな。

すっぴんノーメイクの女性だけのバーをオープンして盛況だというニュースも見たが、
癒される、、、確かに、わかる気がしないこともない。
信じない客には、「目の前で顔洗ってもいいですよ」だそうだ。

以前、片山右京氏の講演でも印象的な言葉があった。
それは、「分かった」と言わないようにしている、と。
そういった時に、人間は受け入れることを無意識に遮断するのだという。
結果的に、成長が止まる。

年を重ねると、経験から様々なことを推測し、判断を下す。
もちろんそれについては、決して悪いことではないが、
策士策に溺れるといった言葉もあるとおり、
こうだと決めつけた結果、それに固執してしまうことがある。

世の中(周り)は思いのほか、激しく動いている。
意義や反論に対して、「確かに、そうかもしれない」と一呼吸考える余裕や、
レジリエンスともいうらしいが、竹のようなしなやかさを常に持っていたいものだ。
若い寿司職人は相手の力をうまく利用した、
新しい寿司屋の未来を創造しているのかもしれない。

と、私が勝手に思っているだけ、か。

我が社には、明るく元気で素直、迅速・丁寧、という行動方針がある。
若い寿司屋の大将に教えてもらった。

まくらのキタムラ
北村圭介




売り場?お買い場?そうじゃなく。。

2019年1月29日 16:26  ショップ

商業施設の立ち位置って、これからどうなるのだろうか。

当たり前だが、商業施設では、「商業」なので、売る側と買う側の関係ができる。
こちらメーカーは売ることを意識してしまい、客はそれに構えてしまう。

催事でよくある、売れたね、売れなかったね、という一喜一憂は、
運営としても結構、精神的な影響大きいのだ。

正直、これは、やはり、今っぽくないと思う。

以前、ハイウェイのサービスエリアでイベントをしたとき、
幹部が共有してくれた内容が、我々にとっては新鮮な体験だった。
彼が言うのは、そこにくる客は、

・開放的な心理
→接客の入り口が「売り買い」ではなく、コミュニケーションしやすい。
 「どちらからですか?」「どちらへ行かれますか?」という和み感。

・一期一会。旅の思い出。
→言葉を選ばず言うと、財布のひもが緩い。
 「え、こんなところで枕売ってるの?」
 「へぇ、せっかくだから買って帰ろうか、車も近くに止めてあるし」

・長旅の疲れ
→枕=睡眠との親和性が高い。
 「よさそうじゃん。うちに帰ったら、これでゆっくり寝てみたいね。」

なんとも、消費者へ「刺さった」感(インサイト)があったという。

とはいえ、そんなたくさんは売れたわけではない。
ただ、人との交流という意味で、お互いの関係が非常によかったのだろう。
自然光が入る場所だったというのもあるかもしれない。(これ、結構大切かも)


●●(大手不動産。以下A社)がいいと思っていて、勝手にこんなことを考えた。
彼らの運営する館(やかた)でやれたら、そのコラボの仕方をもう少し掘り下げたい。

我々だけがやっているのでは、いつまでも点でしかない。
そこだけのイベントではなく、いくつかの箇所、
例えば、ホテルや旅館、移動の電車やバスとかと絡ませればもっと魅力だ。

A社は宿泊施設も交通機関もあるから、同時多発的な企画ができたらおもしろい。
(グループ内の仲が、あまりよくないという噂は耳にするが。。。)

話はかなり飛躍するが、モノを売る、どこかへ行く、何かを食す、
それらを、バラバラにやっているのがもったいないと感じている。
それをちゃんとつなげれば、日本の価値はもっと高まるはずなのだ。

東京に全国各地のアンテナショップあるが、せめて一か所にまとまらないものか。
(それぞれ思惑はあるだろうが)
旅の行き先を、そこから決めたってよくないだろうか?

「この商品おもしろい!」「これ食べてみたい!」


A「隣で食べられます」
→便利だが、単なる売り買いにしかならない。つまらない消費。

B「じゃ、そこまで、行ってみましょう!これに乗って、はい、出発!」
→かなりワクワクする。

個人的には、旅なれたシニアやインバウンドの取り込みをもっとできると思っている。
いつも疑問に思うが、パンフレットにある旅行代金の細かい設定、彼らは気にしないはず。
それよりも「月額20万円で全国1か所1泊2日の旅」とか、「年間300万で10か所行ける」など、
スペクタクルな非日常のアクティビティが求められていないだろうか。

確か、A社の商業施設の上層階には、そういうフロアが入ると伺った記憶があるが、
そこと、2階3階のアパレルが連携して、旅の装いも一緒にコーディネートして、
持ち込むお弁当は同じ施設内のレストランでもいい。
そして、旅先の宿には、お客さんの買ったキタムラの枕がちゃんと置いてある。(ここ本業。)

世の中に、うちはうち、あっちはあっちというようなツレナイ商業施設が多い気がする。

そうじゃなくて、こっちのお客さんを、あっちのお店にお連れして、
あっちのスタッフが、いいものあるよ、と違うカテゴリーの、この商品を紹介して、、、
そんな風に商店街っぽいような、館内のショップが交流しながら、
一緒にお客さんを迎え入れるのはステキだなぁと思う。

最近、新たなコンシェルジェスタイルを導入した百貨店が不評と聞くが、
それは、人が介在せず、DATAだけで共有しようとしたからではないだろうか。

外商が一手に承るのではなく、それぞれのショップやレストランが、
専門家としてそのお客さんと付き合っていき、
そんな客が一人ずつ増えていき、彼らがA社の顔になっていったらいいのではと一人妄想する。

まくらのキタムラ
北村圭介




地と発 全員で枕営業だ

2019年1月 6日 13:21  その他眠り経営

2019年、あけましておめでとうございます
本年もみなさまにとって良い一年になるよう、心より祈念いたします

さて、今年は、日本は特に「変わる年」になるだろう。
それを受けて、私のテーマは「地・発」とした。

「地」は地元であったり、地に足を付けていく、
地道といったり、手堅くという意味合い。ローカルやグランドとした。

イノシシのように、ここ数年続けていた海外への積極的な投資を控える。
そして、展示会や販売会、出張も削減していく。
もちろんゼロにはしないが、既存のお客さまへ集中をし、
自分たちにできることをしっかりとやっていくのが狙い。
こちらから行くのではなく、来てもらえる取り組みを社員と一緒に考える。

そのために、「発」は発信、アピールやオープン、アウトプット。
ここ数年はきちんとやってこなかった、
「まくらのキタムラ」のブランディングに改めて注力する。

この選択と集中によって、改めて「枕=キタムラ」だよね、としたいのだ。
まだまだ世の中の人たちには、よい睡眠が足りていないから、私たちが伝えていこう。

取引業者も含め、来社した人には、これまで以上に知ってもらえるいい機会になるから、
職人やパートも含めた、そう「全員で枕営業」だ。大丈夫大丈夫

ちなみに以下、私のカイゼン行動も社員へ伝えた。

●海外出張は、半分以下に。
世界を見てきたことでたくさんの気づきがあった。
現場へ行くのはとても大切だが、それを削減する。
もう少し社員ともコミュニケーションを取っていく。

●長期の投資をしない。
1年以内に回収できる見込みのあるモノ以外は、
これまで以上に慎重な判断をする。コスト感を強く意識して。

●「まくろぐ」の更新を月2回。
結構ハードルが高いがSNSだけではなく、私が思うことをキチンと伝えていきたい。
内容は、ブランドのこと、睡眠のこと、枕のこと、ものづくりのことなど、多岐に渡る

●深酒しない。
よく眠れた次の日はやはり頭が冴える。気持ちも前向き。
お恥ずかしい話、元気に「おはよう!」を自分自身が実践できていない日があった。
節制をして、自分が十分な睡眠を摂って、常に元気でいよう。
ただし、週末を除く。

●ほしいものを買わない。必要なものを買う。
当たり前のことだが、改めて。
業務改善が見込まれるものは積極的に購入を検討する。

以上。

来月から、これまで誰もやっていないことを、自信をもってやる。
元気な「おはよう!」を、今日も明日も、世の中に創っていく。
「まくらのキタムラ」に乞うご期待を!

株式会社Kitamura Japan
代表取締役 北村圭介




トップ > 過去の記事

最新のブログ記事

カテゴリー一覧

アーカイブス

商品一覧

ジムナストプラス

ジムナストプラス

72万個の枕を作り続け、72万人の寝返りを考えた結論。ジムナストプラスの誕生です。


ジムナストチャコ

ジムナストチャコ

より快適に、より簡単に、まくらの高さ調節ができる新機能を採用。消臭・抗菌効果のある炭成分も配合。


ジムナストキッズ

ジムナストキッズ

子どもの初めてのまくらに最適です。対象年齢は6歳から12歳。ぜひ、入学祝いの一品にどうぞ。


今治タオルカバー

今治タオルカバー

国内最大のタオルの産地である愛媛県今治市。そこで生まれたタオルカバー


ドライアイスカバー

ドライアイスカバー

体の熱を効果的に逃がし、吸水性が高くサラサラでヒンヤリ感が持続する特殊素材カバー


香るアロマカバー

香るアロマカバー

安眠効果のあるアロマオイルの香り。肌と髪にやさしいシルクプロテイン加工を施したカバー。


ジムナストミニ

ジムナストミニ

携帯枕に必要な要素...使い心地の良さ、コンパクトなデザイン、そして、清潔感。


その他のラインナップ





PAGE TOP
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923


©Kitamura Japan

OHTER LINKS

  • Kitamura Japan
  • Kitamura Japan Online Store
  • 産学連携枕プロジェクト
  • MIJP
  • まくらのキタムラ