トップ > 過去の記事

お供え物に電力?の国

2017年5月22日 13:00  海外

先日、経営者の仲間10数名と、研修旅行のためミャンマーへ赴いた。
初めて訪れた国で感じた様々な衝撃について、あくまで自分目線であるが、それを記しておきたい。

【衝撃その1 自国通貨の不信】
ミャンマーへ入国し、さっそく現地通貨「チャット」へ両替をした。(100円=1200チャット程度)

2017-05-23 11.38.02.jpg

最近少しデザインがよくなったとのことだが、アジア圏特有のチープな感じが否めない。
ただ、それ以上に難点は、自国通貨が全く信用されていないこと。

帰りにタイへ寄ったのだが、空港の両替所で「チャット」出した瞬間、
こちらが言葉も発するよりも早く、あからさまに首を振られた。
どういうことか?そう、「両替できない」のである。

え?ミャンマーは隣の国ですよね?
そんなこと関係ない。チャットは要らない。使えないから。

そもそも銀行というのも信用されていないため、ほぼ皆、タンス預金。
お金持ちの家には、自宅の一室が金庫状態になっているのだそう。
マンションを買うのも現金なので、それこそ頭陀袋に入れ、現金輸送車よろしくトラックで搬送する。

【衝撃その2 資源のない国の悲しさ】

アパレルの縫製工場を見させてもらうことができた。
知人は、そこの工場で作られた製品を、年間1億円ほど購入している。
その圧倒的な規模に、度肝を抜かれた。。。
2017-03-09 14.12.38.jpg
2017-03-09 14.47.13.jpg

ここでは、1000人の工員が、800台の最新型ミシンなどを使って働き、
Tシャツなら、実に月産80万枚の生産量を誇っている。
9割が20歳に満たない女性で、50台のバスで送り迎えをしている。
そして、ここから10分ほどに、倍の規模の工場も最近建てていた。

この工場は、中国資本で、工場を建設するための建材から機械、何から何まで、
陸路によって中国から運び込まれ、この地でビルドアップしている。

新興国のインフラを先進国が整える。それがODAだが、こちらは少し違う。
なぜなら、中国は、こう言う。「使うのは中国」
すべての中国企業がそのように考えているわけではないが、一般的にはそう言われている。

人手だけが頼りにされているように思う。
これほど最新鋭の機器が投入されている工場だが、周辺地域はこんな状態。
2017-03-09 14.02.40.jpg
2017-03-09 14.01.59.jpg
2017-03-09 14.06.08.jpg
2017-03-09 13.49.23.jpg

【衝撃その3 布施こそ誉れ】
必ず出家をし、修行をしなければならない出家至上主義、南伝の上座部仏教を信仰する彼らは、
自分たちの代わりに日々修行をする僧を敬い、彼らを厚く施すことで慈悲を得ている。
だから、彼らは稼いだモノは惜しみなく、全国各地の寺院へ納めている。
2017-03-09 18.00.16.jpg

そして、こちらが総本山ともいえる、シェ・パゴタ。
建てられたのは仏陀が悟りを開いたという2500年前と言い伝わる。
2017-03-09 18.13.57.jpg

8000枚を超す金のプレートと7000個の宝石が嵌められて、でできているというから、驚きだ。
てっぺんには、76カラットのダイヤが輝いている。
とにかく装飾はすごく、もちろんこれらすべて信者たちの寄進によるものだが、
最近、流行りの傾向に、さらなる衝撃が走った。

その映像がこちら。


えーー、やりすぎでしょ。安っぽい!などとの声が聞かれる。
私もそう思ったし、同行していた誰もがそう思っていた。
しかし、その真意は、予想をしないものだった。

前述したが、資源のないこの国では、電力は大変貴重で、
自分たちでは手に入らない、高価な代物の一つ。

そう、つまり、「だからこそ、それを神様へお供えしている」というのである。
なんてことか。。。その信心深さに言葉が出なかった。アジアでよく見る、派手な装飾とわけが違う。

ちなみに、ミャンマーの巨大な涅槃仏は、タイのワットポー46mに対し、こちらはなんと体長70m!
下にいる人たちと比べて、いかに大きいかがお分かりいただけるだろう。
2017-03-11 09.31.28.jpg
2017-03-11 09.40.31.jpg

お気づきの方もおられると思うが、枕を使っていない。。。orz

さておき、見えているモノだけで物事を判断すると、本質は決して見えてこない。
今回の研修で、新たな価値観という大きな財産を得ることができた。

やはり、異国を見ることは、とてつもなく意義のあることだ。

まくらのキタムラ
北村圭介




Why Getting The MAKURA TradeMark?

2017年1月 1日 10:02  その他

日本語はこちらから

I consider Makura one of our national interests. For that reason, I try not to monopolize it but protect it and spread the excellence of it to the world.

As I have written about in this blog so far, I have traveled more than 15 countries to see the market past 3 years. What I found was not only our product but "Makura" in general is completely different from the typical "Pillow" in the world. "Makura" is manufactured highly committed to how you sleep. It is subtle and beautiful. On top of that, it has more than 1000 years of historical background.

This fact made me think that "Makura" cannot be regarded as "Pillow" instantly. I got highly motivated to promote it abroad as one of our culture. This is why I decided to obtain the trade mark for "Makura".

I would like to start 2017 by unraveling the story of it. First, the definition of "Pillow" is "a cloth bag with soft material that you put your head on when you are sleeping". "Soft material" implies that the stuffing should be soft.

Besides that, the translation for "Pillow" in other languages are Cuscino(Italian), Kissen(German),and Kussen(Netherlands). All of these words spell quite close to "Cushion". Then the definition of "Cushion" is "a cloth bag filled with soft materials that you put on a chair or the floor to make it more comfortable". So, that means the two are mostly the same and the cushion used in bed is called "Pillow". I could say the word "pillow" came from "Cushion used in bed". That would explain the use of it like squishing and leaning on.

As in furniture stores and brochures in western countries, they have the custom to make the bed. They try to make their room exquisite and change sheets depending on seasons and simply the mood. This could be traced to the fact that the bed is usually be there all the time being the main decorative furniture in the room. From other perspective, if it's not decorated, it won't fit the life style and could be witnessed by visitors. This is what I think why they enjoy making the bed.

On the other hand, how is "Makura" treated in Japan?

In history, we had "Kukuri Makura" which is small cylindrical bag stuffed with buckwheat or tea leaves. We also had  kapok and cotton materials but not necessarily soft.

Moreover, We have "Futon" culture. "Futon" is usually placed in the closet when it's not in use and put out when we sleep.

As mentioned below, it won't be caught in sight anyone and simply for sleeping well. (Paradoxically, it is said that it is made intentionally not to sleep well to be always prepared in civil war era. Either way the main purpose is to sleep.)

In past days,"Makura" had tiny drawer to keep valuables but it is for strictly security reasons to prevent burglary. The primal purpose has always been to sleep.

Furthermore, Japanese and "Makura" has strong connection. We have many words and idioms using the word "Makura" . And it often appears in ancient literature. There are various theories but the word "Makura" is derived from "Ta-ma-ku-ra" originally came from "Tamashii no Kura" which means the storehouse of soul.

We dream while asleep. It is said that we come and go between this life and the life after death when dreaming. Dreaming was considered to be a very noble action. China and Korea also have the similar belief. The case of soul is treated very preciously and they even have ceramic "Makura" with gorgeous decoration. This is a significant difference between Eastern and Western culture.

Considering all these historical and cultural differences, "Makura" and "Pillow" are close but not the same at all.

As Hisha goes into enemy's camp, and it becomes Dragon in Shogi, Cushion was brought into bedroom, and it became pillow. But "Makura" has always been "Makura" just like Osho.(This not about good or bad.)

I am more than willing to promote "Makura" as our uniquely developed culture and deliver the good sleep to people abroad as many as possible.

"Makura" has existed with great amount of attention to sleep for a long time. "Makura no soshi" is translated as pillow book. Not many foreign people would understand the true meaning of this book with this title.(There are various theories about the true meaning.)

Fujiyama,Geisha,Sushi,Futon,Karaoke,Bento,Kawaii and so on...There must be the day that "Makura" joins these universal words in the future. I hope this year would be the very beginning of my great journey with "Makura".

無題.png
KITAMURA MAKURA
CEO Keisuke Kitamura





なぜMakuraの商標を取得したのか?

2017年1月 1日 00:00 

English, click here.

日本の「Makura」は、国益だと思っている。だから、私は、それを独占するのではなく、それを守り、その素晴らしさをキチンと世界へ広めたい。

このブログでもいくつかはご紹介している通り、私は世界の市場を3年間ほどかけて、15か国以上見てきた。そこで気づいたことは、我々の商品だけではなく、他社の商品であっても、「Makura」は、海外にある「Pillow」とは明らかに違うということ。どのように眠れるのか、に徹底的にこだわって作られていて、
繊細で、とても素晴らしい。そして、1000年以上に及ぶ歴史的背景もある。

これを「Pillow」と一括りにしてはいけない。ひとつの文化として海外に伝えていくべきではないか。こう考えたからである。


2017年初め、それを紐解いていきたいと思う。

初めに、「Pillow」という単語の英英訳を見てみると、a cloth bag filled with soft material that you put your head on when you are sleeping. とある。「Soft material」ということは、そもそも「Pillow」は柔らかいものでなければならない。

また、「Pillow」を他の言語に訳すと、Cuscino(イタリア語)、Kissen(ドイツ語)、Kussen(オランダ語)と、綴りや響きが、どことなく「Cushion(クッション)」に似ている。

では、「Cushion」の英英訳はというと、a cloth bag filled with soft material that you put on a chair or the floor to make it more comfortable.

つまり、寝るときに使う「Cushion」が「Pillow」と呼ばれたのであって、2つは、ほぼ同義語として定義されている。要するに、「Pillow」の言語的背景としては、寝るためだけに使うものというより、「ベッドの上で使うCushion」から派生したと推測ができる。だから、背もたれにもなるし、抱きしめて使ったりもできて使い勝手がいい。

海外の寝具売り場、カタログを見てもわかる通り、彼らには「ベッドメイキング」の文化がある。ベッドルームを豪華に見せようとしたり、季節や気分によってシーツを変えたりする。これは家具の一つとして、ベッドが常に移動することなく、鎮座ましましているからであり、それは、視点を変えれば、デコレートしなければ、生活空間にフィットしないし、場合によって、他の誰かに見られる可能性があるからではないか。だから、メイキングを楽しんでいるのだろうと推測される。

翻って、
日本の「Makura」はどうだろうか。

過去の歴史を見ると、布を巻きつけた括り枕やパンヤや木綿を使ったりもしたが、木製だったり、そば殻だったり、決して柔らかいものだけではなかった。

加えて、日本には、「Futon」の文化が存在する。寝具を使わないときは畳んで押し入れの中にしまわれていて、そして、眠るときにわざわざ出してきて使うものだ。後述するが、誰に見せるわけでもなく、よく眠れるものである必要があった。(逆説的に、戦国時代、あまり深く眠れないように作られていたという話もあるが、たとえそれでも目的は眠るための道具である。)

過去、「Makura」に引き出しがついていて、自分の貴重品を入れたりもしたが、それは眠っている間に盗み取られないように防犯のためで、あくまで「眠るための道具」として長らく存在してきている。

さらに日本人にとって、「Makura」とは非常に関係が深い。枕を用いた言葉や慣用句も数多く存在するし、過去の文献にも度々、登場している。語源は諸説あるものの、魂の蔵(たましいのくら)が「たまくら」となり、「Makura」となった、とも言われている。

ヒトは睡眠中に、夢を見る。夢は、現世とあの世を魂が行き来すると言われていて、とても高尚な行為の一つだった。中国や韓国でも同じような思想があり、その魂が入るものは貴重に扱われ、豪華な装飾がされていた陶製の「Makura」もあった。これらは欧米の考えとしては、明らかに違っていると言えるだろう。


そういったそれぞれの経緯をまとめると、「Makura」と「Pillow」は似て非なりということが分かってもらえるはずだ。

将棋で例えれば、飛車が敵陣に入ったら龍と成るのと同じように、「Cushion」はベッドルームに持ち込まれて「Pillow」となったが、「Makura」は王将の如く、初めから「Makura」だった。(だからといって、「Pillow」がダメで、「Makura」が良いという意味ではない。)

その独自に発展を遂げてきた「Makura」を、私は、ぜひ世界に広めたいし、これを使うことによって少しでも多くの世界の人々に快眠(Good Sleep)を届けていきたい。

眠ることにこだわりをもって存在してきたのが、「Makura」である。枕草子は、The Pillow Bookとされているが、このタイトルでは外国人に本当の意味が伝わらないのだ。(その意味には諸説あり)

Fujiyama、Geisha、Sushi、Futon、Karaoke、Bento、Kawaii、といった言葉と同じように「Makura」が世界の共通語になる日が、きっと来る。その始まりは今年、2017年かもしれない。
本年も、なにとぞよろしくお願いいたします。

無題.png

Kitamura Makura
まくらのキタムラ
北村圭介




「Most 褒めたい同僚 of the year 2016」

2016年12月14日 16:04  その他企画経営

また、社長が気まぐれの企画を実行した話。

社内の評判もなかなか良かったので、社内新企画「MHD」について書いておこう。
たぶん、どこかの会社もやっていたような気がするが、
うちはこんな感じをイメージして取り組んでみてと社員にも説明した。

≪例1≫
「明るく元気で素直、迅速・丁寧。あるじゃん、うちの行動指針だっけ?
 なかなかできないんだよなぁ。忘れちゃうっていうか、
 まぁいいやって思う時あるし。あれ、いつもか、、、って、コラ、内緒!
 でもさ、お前って、よく気にしてやってたよな。続けられてるお前、すごいわって思う。

 あ、これ、心ばかりだけど、変な意味じゃなくて、張本さんの「天晴れ!」みたいなもんで、
 それ、称えたいもんで受け取ってよ。


 貴方は、私の中で今年【Most 褒めたい 同僚 of the year(MHD)】でした。

≪例2≫
「ぶれないですよね、ホント。僕なんて、もう、ちょっと言われちゃうと、
 すぐテンパっちゃったり、変更しちゃったり、
 長いものに巻かれにいってしまうのが、子どもの時から、ずっと悪い癖で。。。
 ○○さん見てると、そういうの、ほぼほぼないし、
 いつも芯がしっかりしてるていうか、動じねぇっすもん。憧れるわぁ。
 いつか僕も、そうありたいなぁとは思ってて、実は少しマネしてたりしてるんですよ。
 でも、全然わからないレベル。ウケるw

 さておき、これ、心ばかりなんすけど、変な意味じゃなくて、
 学ばせてもらった授業料みたいな、僕なりの気持ちなんで受け取ってください。


 貴方は、私の中で今年【Most 褒めたい 同僚 of the year(MHD)】でした。

ということで、お分かりいただけただろうか。
ルールは、いたって簡単。

1.まず社内(正社員に限る)、一人一人に対して、会社から?000円を進呈。
2.そして、想像してもらう。「今年、バリバリやってたなぁ、という人は誰か? 」
3.そう。その人の頑張りを称えて、それをお贈りするシステム。

 (後日、集計して本人へお渡し)

イイでしょ!(自己満)
なお、金額を分割して称えることはできないルールに。集計が大変なので。

きっと、なかなか「この人!」と一人を決めるのは難しいでしょうが、
あえて言うならこの人!で決めてもらう。

「これ、自分でもらってはダメですか?」


これ、もちろんOK。
「今回は、他の誰よりも頑張った」と言えるくらい、
自分で自分を褒めてあげるのって、ステキなことでしょ?

「Most 褒めたい同僚 of the year」


面と向かって褒めるのって、日本人は苦手だったりする。
でも、言われた方は、うれしいに決まっている。

よかったら社内コミュニケーションのために取り組んでみてはいかがでしょうか。

まくらのキタムラ
北村圭介




アメリカ初展示会・成功への10のコト(後編)

2016年10月14日 08:06  MIJPその他

前回の話は、こちらからお読みいただきたい。
続いて後半の5つをご紹介しよう。

6.通訳
現地在住で、ある程度、英語での接客スキルのある人は、一日300ドル。
半額くらいからあるにはあるが、おススメはしない。ここはコストを掛ける、勘所の一つだ。

今回、私はボストンに住むハーバードのポスドク(言いたいだけ)の後輩を呼び寄せた。
彼には以前から翻訳に携わってもらっていたので、予備知識もあるため、とても助かった。
かなりムリを言ったが、4日間で交通費、宿泊費、日当込1000ドルくらいに。
持つべきものは、デキる後輩だ。感謝!

7.接客を録音
前述したが、リスニング力に不安があるため、大切なことを聞き漏らす可能性が高い。
ハーバード(やっぱり言いたいだけ)の後輩とのやり取りも、
何を言ってるか、横から聞いていても分からない。

ならば、と、接客が始まったタイミングで、会話をそっと録音することにした。
どんなことを聞かれているのか、また、ハーバード(もういい)の後輩が、それにどう答えているのか、
後日聞き起こすなどすることができるので、これは、今後のための、大きな財産になると思う。

8.北米仕様

日本人のために作った商品が、そのままアメリカ人にフィットするのか?NEVER。当たり前だ。
時折、面倒だから、そう思いたくもなるが、そんなに流通は甘くないだろう。
まずは考え得る限りのイメージで、たたき台として北米仕様のサンプルを作った。

現地の枕事情はなんとなく理解している。仕上がりは悪くない。自画自賛だけど。
自社サンプル開発費として、材料込みで、7万円を計上しておく。

9.モニタリング
アメリカには、名刺交換という文化がない。
厳密に言えば、情報をほしい人が、その人のビジネスカードをもらう。
興味があったり、用があったりしたら、向こうから連絡する、というスタイルだ。
こちらは待つしかないのか。。。

2016-08-23 17.00.51.jpg

それでは、気になって気になって仕方がないため、
途中から接客スタイルを変え、こちらもカードをもらうようにした。
何人かが興味を持ってくれていたため、日本に戻るやいなやメールを送る。

「サンプルを送れる準備があります。どうです、お試ししてみませんか?」

20件ほど送った先から、5件くらい要望があり、無償でサンプルを送った。どうなることやら。
運賃とサンプルで2万円、が5件で10万円。

10.現地の知人
言うまでもなく、プライスレス。新しい出会いもたくさんあった。なにかと心強い。

以上、少しは、みなさんのお役に立てただろうか。
私自身の備忘録の意味合いもあるので、読みにくい部分があれば、お許しを。
個人的にどうしても気になることがあれば、コメントをいただくか、問い合わせより

なお、コストは、これらに加えて、もちろん出展料と設営費がある。
だいたい、2本くらいと考えてもらえればいい。
それが、20万円か、200万円か、2000万円かは、みなさんのご想像にお任せ。

いずれにしても、おカネはかかる。でも、やりようはいくらでもある。
どうやって?それは、ここでは書けないこともありますので。。。

もちろん、使った分は、必ずビッグリターンをゲットする決意だ。
次は来年、極寒の2月開催のNYNOW2017Winterを目指す。
1回出しただけでは、単なる花火だし、何も分からない。
挑戦は、まだまだこれから。
2016-08-22 21.19.59.jpg

最後に、今回、サポートしてくれた、当社がいつもお世話になっていて、活動にも参加している
NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト
に心から感謝を申し上げたい。





トップ > 過去の記事

最新のブログ記事

カテゴリー一覧

アーカイブス

商品一覧

ジムナストプラス

ジムナストプラス

72万個の枕を作り続け、72万人の寝返りを考えた結論。ジムナストプラスの誕生です。


ジムナストチャコ

ジムナストチャコ

より快適に、より簡単に、まくらの高さ調節ができる新機能を採用。消臭・抗菌効果のある炭成分も配合。


ジムナストキッズ

ジムナストキッズ

子どもの初めてのまくらに最適です。対象年齢は6歳から12歳。ぜひ、入学祝いの一品にどうぞ。


今治タオルカバー

今治タオルカバー

国内最大のタオルの産地である愛媛県今治市。そこで生まれたタオルカバー


ドライアイスカバー

ドライアイスカバー

体の熱を効果的に逃がし、吸水性が高くサラサラでヒンヤリ感が持続する特殊素材カバー


香るアロマカバー

香るアロマカバー

安眠効果のあるアロマオイルの香り。肌と髪にやさしいシルクプロテイン加工を施したカバー。


ジムナストミニ

ジムナストミニ

携帯枕に必要な要素...使い心地の良さ、コンパクトなデザイン、そして、清潔感。


その他のラインナップ





PAGE TOP
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923


©Kitamura Japan

OHTER LINKS

  • Kitamura Japan
  • Kitamura Japan Online Store
  • 産学連携枕プロジェクト
  • MIJP
  • まくらのキタムラ