トップ

日本の工芸品、ロンドンへ行く

2019年5月22日 17:20  MIJP快眠グッズ

GWがまだ明けない5月6日にロンドンへ行った。昨年同様、ロンドンクラフトウィークというイベントに参加するためだ。

London Craft Weekとは、今年で5回目になる、毎年5月初旬に、ロンドン市内全域で行われる工芸の祭典だ。ブランドショップ、ホテルなどを会場にして、陶磁器、ガラス、革製品や彫金、家具など「匠」の手による品の展示やワークショップなど、約200前後開催するアートイベントで、ロンドン市がスポンサーとなっているほか、V&Aや大英博物館などロンドンを代表する文化施設や、老舗百貨店フォートナム & メイソンやSelfridges、コンラン、ダンヒルなども参加し、年々とても盛り上がっている。

今回は、NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト(NPO MADE IN JAPAN PROJECT, MIJP)として、一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン(The Creation of Japan, CoJ)と協力し合い、「Crafting Japan」と称して、正式にエントリーをした。日本のより深い伝統と文化と、新しい技・素材を知っていただき日英の文化、ビジネス交流が出来ることが目的だ。

我々MIJPの担当は、Dartmouth HouseというMayfairにある会員制クラブハウスを貸し切り、いわゆる「展示会」ではなく、素晴らしい設えの中で感度の高いロンドナーたちに商品やデモンストレーションを見てもらう。来場者の滞在時間は長く、各参加者とじっくり話をしている姿が印象的だ。デモについては撮影に余念がない人もいれば、食い入るように見る人もいた。聞けば、同じく自分も皮製品の職人だという。言語の違いがあれど、モノづくりを通して、通じ合うものがあるのだ。

DSCF6815.JPG
Photo:SEKI, Masakuni

2019-05-09 11.09.51.jpg
Photo:KITAMURA, Keisuke

CoJは、工芸英訳シンポジウムを大和日英基金や、それにまつわる訳語共通ルール策定オープンセッションをJAPAN HOUSE LONDONで、それぞれ開催。「工芸英訳」と言っても聞き慣れないかもしれないが、例えば、「九谷焼」を表現する英語が、いくつあるとお考えだろうか。Kutaniyaki Ceramics, Kutani-yaki Porcelai, Kutani ware,Kutani Chinaware, Kutani Ceramics, Kutani ware...もうよいでしょう。そのことについて、ジャパンハウスロンドンのWRIGHT氏のファシリテートで、ボナムズのERALE氏や、ヴィクトリア&アルバートのFAULKNER先生、根津美術館の西田先生など、日本の伝統工芸に関する、そうそうたる世界的な有識者で語りあうシンポジウムは、とても興味深かった。
IMG_3514.JPG
Photo:KITAMURA, Keisuke

そして、週末には、イギリス2番目、ロンドンで1番古いといわれる、チェルシー薬草園を貸し切って開催した工芸ピクニックはとても素晴らしかった。日本から持ち寄った伝統的な工芸品や料理で、参加者たちを魅了していたことは言うまでもない。

9CP7ALmA.jpeg
Photo:SUGIURA, Yuki

DSCF7389.JPG
Photo:SEKI, Masakuni

yUjsDFa0.jpeg
Photo:SUGIURA, Yuki

いずれにしても、今回の取り組みで感じたのは、イギリス人のモノづくりに対する思い、それに携わる人たちへの敬意を持っており、日本から来た我々を受け入れ、なにかを吸収しようとする姿勢には恐れ入った。また、(このイベントに参加しているからかもしないが)環境保全に対する意識は、昨年よりもさらに強まっていた。その後、NYも訪れたが、アメリカ人の比ではないくらいだ。サスティナブルを意識をしていない商品は、日本やアメリカよりももっと早く淘汰されていくように感じる。

さて、とはいえこのようなイベントの準備は、大変な困難を極めたわけで、数名の運営メンバーで、LCWや会場、輸送業者との交渉、会場レイアウトやサイン、WEBサイトもすべてお手製だ。それでもとても多くの方々にサポートをいただきながら、盛会となったことをこの場を借りてお礼をしたい。ありがとうございます 来年も取り組みとしては継続していきたいと考えているが、今はしばらく、その余韻に浸っていたいと思う。もしご興味があれば、直接、連絡をいただければ幸いです。

情報はこちらで発信していきます。

NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト
代表理事 北村圭介

43R33nto.jpeg
Photo:SUGIURA, Yuki




平成への感謝と令和への誓い

2019年4月29日 13:30  その他

いよいよ元号が変わる。
31年前のことは、うっすらと覚えている。
小学校の低学年だった。

昭和天皇が崩御される少し前、新聞に病状が書かれていて、その時に初めて下血という言葉も知った。ただ、だからと言って、何をするわけでもなく、事の重大さを理解できず、年が明けた昭和64年1月7日、昭和天皇は御隠れになられた。

当時、よく覚えているのは、「昭和六十四年」に発行された貨幣は珍しく、それを探すくらいのことしか考えていなかったので、甚だ不謹慎だったかもしれないが、子供の考えそうなのはその程度でしかない。一般的な家庭と同じように、私の両親もそのことについて取り合分け子どもたちへ何かを伝えることはなかった。戦争経験のある祖父は、自分史の中で、昭和天皇の玉音放送に触れていたが、ザーザーと雑音が五月蠅くて何も聞こえじ。。。と記されていた。

それから30年。私もおかげさまで大学まで出させてもらい、海外へも留学でき、たくさんの人にも会うことができた。海外へ出ると、日本国の素晴らしさをいつも気づかされる。もちろんがっかりするところもあるが、それを差し引いても、海外での日本国、日本人に対する評価というか、印象は、私の知る限り、どれも突出していると言っていい。皇室に対する敬意も、外国人からの方が重く感じることがあるほどだ。

「象徴として」というお言葉を常に口にされていたが、まさにそういう存在であられようとしていたことが、今の日本の、海外からの印象に繋がっていることは間違いない。他国と比べて優れているということではなく、日本の在り方として存在する姿を否定する人などいないだろう。

一度でもお目にかかれないかと、ずっと願っていた。先日、伊勢神宮へ参られたときがチャンスと思い、何とか仕事の都合をつけて名古屋駅へ駆けつけたが、あまりの人気ぶりにお姿を拝見することはかなわなかった。残念ではあったが、仕方のないことだ。一瞬でも同じ空間におられただけでも幸せだった。

しかし、だ。
こんな奇跡があるのか。

平成31年4月19日14時50分 東京駅
関東方面での出張を終え、名古屋へ帰ろうとした、その時。


思わず、お疲れ様でした、と叫んだ。
手は震え、なぜだか涙があふれた。
なんという穏やかな空気なのだろう。

この興奮は、一生忘れないし、この幸運に心から感謝の気持ちでいっぱいになった。こちらから伺うとお目通りはかなわず、一生懸命仕事していたら、このような、まさに千載一遇の偶然に。なんとも不思議な話であるが、同時に、自身のまだやらなければならないことがあるのだと確信した。新たな天皇のもと、令和の時代は、平成と同じようか、それ以上になるよう、日本のために尽くしていく。そんな思いで、この歴史的瞬間を過ごしたい。

今回のご退位により、もう公務へは出られないとのこと。人々の前にお姿を見せられることはないのかもしれない。これまで気を張られていたお二方だから、緊張感が解けて、急に体調など崩されないよう心から祈ってやまない。まだまだお元気でいらしてほしい。

株式会社Kitamura Japan

北村圭介




デンワ、キライ

2019年4月 9日 15:30  その他

ボヤキで恐縮だが、同じように考えている人もいるのではないか。
周りの親しい人には話すが、個人的な意見として、デンワが嫌いだ。

なんの要件か分からなく、突然鳴る。
ホラー映画じゃないが、着信があることに怯えている。

そして、非通知や番号だけが表示されて、
どこの誰が分からないのに出るなんて怖すぎるのだ。
相手は誰だろうか、どんな話を切り出してくるのか、
怒っているのか、それとも悲しいのか。
うれしい電話だったとして出たら、えらい剣幕だったとか。

そういった、不安の比重が大きい。

だいたい、そちらの都合(タイミング)でかかってくるわけで、
こちらは、何かしら別のことをしている。
それを遮られた上に、相手の話の内容を飲み込むのに相当な労力を使う。
目の前に集中していることだってあるだろうし、
仕事のことを考えたくないときだってある。
家族との時間に割って入るなんて、不届きではないか。

それほど大事な要件なのか。

意を決して出てみたら、「確認のお電話です。」

電話会社は5Gもいいけど、名前や要件がディスプレイに表示されるなど、
そろそろ何かコミュニケーション部分の改善はさせられないのか。
何千億と被蓋が出ている犯罪の手段に使われているのだから、
対策をとっていないことは、いかがなものかと思わずにはいられない。

話が逸れたが、開口一番、「今、いいですか?」って、なんだ、と思う。

だから出たくないのだ。

まくらのキタムラ
北村圭介





トップ 過去の記事

最新のブログ記事

カテゴリー一覧

アーカイブス

商品一覧

ジムナストプラス

ジムナストプラス

72万個の枕を作り続け、72万人の寝返りを考えた結論。ジムナストプラスの誕生です。


ジムナストチャコ

ジムナストチャコ

より快適に、より簡単に、まくらの高さ調節ができる新機能を採用。消臭・抗菌効果のある炭成分も配合。


ジムナストキッズ

ジムナストキッズ

子どもの初めてのまくらに最適です。対象年齢は6歳から12歳。ぜひ、入学祝いの一品にどうぞ。


今治タオルカバー

今治タオルカバー

国内最大のタオルの産地である愛媛県今治市。そこで生まれたタオルカバー


ドライアイスカバー

ドライアイスカバー

体の熱を効果的に逃がし、吸水性が高くサラサラでヒンヤリ感が持続する特殊素材カバー


香るアロマカバー

香るアロマカバー

安眠効果のあるアロマオイルの香り。肌と髪にやさしいシルクプロテイン加工を施したカバー。


ジムナストミニ

ジムナストミニ

携帯枕に必要な要素...使い心地の良さ、コンパクトなデザイン、そして、清潔感。


その他のラインナップ





PAGE TOP
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923


©Kitamura Japan

OHTER LINKS

  • Kitamura Japan
  • Kitamura Japan Online Store
  • 産学連携枕プロジェクト
  • MIJP
  • まくらのキタムラ