まくらのキタムラ

  • chinese
  • English
  • 商品一覧
  • 眠りのコラム
  • 取扱い店舗一覧
  • 会社概要
  • オンラインストア
  • お問い合わせ

寝起きについて 愛すべき「二度寝」との付き合い方


さて、前回、前々回と書かせていただきました「寝起きについて」のコラムですが、
今回が最終章です。 二度寝との付き合い方などご紹介します。
睡眠ガイド 坪田さんの記事から参考にしました。

「5分間の二度寝が1日を幸せにする。」

世の中の誰もが経験したことがある、粗相(SOSO そそう)の一つに

「二度寝による寝坊」が挙げられると思います。

あの気持ちよさ、たまらんですね。

起きなければいけないという背徳感が、その気持ちを加速させてしまう人間の性(さが)。
夢なのか、現実なのか分からないような時間は流れ、
太陽の柔らかな光を浴びながら、微睡(まどろ)んでいる。

「あー、このままで、レットイットビー。」

しかし、現実は現実。
落ちた瞬間に押し寄せてくる激情的な焦燥感で飛び起きることに!
何度も責める親、家族、そして、携帯電話(目覚まし代わり)。

自分は悪くないんだ。
起こしてくれなかった彼らに責任がある・・・。

   ※         ※          ※

さて、その心地よさのメカニズムは詳しくは解明されていませんが、
脳が起きていない状況では、刺激を刺激と捉えられないことがあるそうです。

つまり、リンリン鳴る目覚ましも、ガミガミ言う親や家族の声すらも、
「夢うつつ」の状態では、刺激に値せず、それよりも逆にリズムとなり、眠気を増幅させます。

また寝起きのときに分泌される
コルチゾールという成分は、
人を幸せにさせるホルモンだとも言われています。

なるほど、何となく分かる気がしてきましたね。

眠りの質で言えば、浅い眠りとして、お昼寝したときの気持ちも同じようなものです。
したがって、長く続くと、後々のダルさが残ります。なので、こうしましょう。

二度寝を100%、まず受け入れてしまうことです。

悲しいかな、人間は「してはダメ」となると、途端にそれをしたくなります。

弱い人間の性(さが)ですね。二度寝が悪だと考えているから、そうなってしまう。

であれば、

「あ、いいです、眠ってもいいんですよ。」と許しちゃって眠りましょう。

そうして、10分後に別の方法を用意して、起きるわけです。

それは、
寝起きにすること編を再度チェック。
また、こんなサイトもご紹介しておきます。

朝時間.JP

asajikan_logo.gif


朝は希望です。ラジオ体操の歌にもありました。(笑)
一日のすべてが決まると言っても過言ではない朝時間を
ぜひ、自分に合ったものにしてみてはどうでしょうか。

 大切なのは、いつも決まったルーティンです。

PageTop

まくろぐ オンラインストア

other

  • MIJP
  • 日本睡眠学会
  • Kitamura Japan
  • 取り扱い店舗一覧
  • お取り扱いをご希望の法人様へ
  • まくら選びに困ったら
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923

© Kitamura Japan All Right Reserved