まくらのキタムラ

  • chinese
  • English
  • 商品一覧
  • 眠りのコラム
  • 取扱い店舗一覧
  • 会社概要
  • オンラインストア
  • お問い合わせ

寝起きについて 目覚まし時計編


前回は、朝の目覚めについてご紹介しましたが、
そうはいっても、例え目が覚めても、なかなかカンタンにはカラダが動いてくれません。

そんな時には目覚まし時計の出番です。

近年、とてもおもしろい調査結果が出ています。
下記のグラフをご覧ください。(調査会社:インフォプラント)   

目覚めのコピー.jpg


なんと、10人中7人以上が携帯電話を目覚まし時計代わりに使っているようで、
それだけ、生活に欠かせない、まさに必需品となっています。
ご多分に漏れず、私も携帯アラームで毎朝、目を覚ましているマジョリティです。

しかし、目覚まし時計市場も黙ってはいません。
今回はいくつか面白い目覚ましアイテムをご紹介します。


1.Gun O'clock(ガン オクロック) バンダイ

gunO'clock.jpg

寝起きでも油断するな、すぐに相手を打ち抜け!という
とてもサバイバルな目覚まし時計です。
鳴ったから起きろ!というだけでなく、ミッションをコンプリートさせる
その爽快感が、スッキリした目覚めを演出するでしょう。

gunO'clock2.jpg



2.The alarm clock from Bellman & Symfon(ベルマン アラームクロック)

41NuoEi7QBL.jpg

携帯電話では音と同時にバイブレーションも使っている、そんな方もいるかと思いますが、
満足できないという方には、こちらはそれ専門です。
枕の下に敷けば、携帯の比ではない、枕を揺らすほどの振動があるそう。
ムービーをご覧ください。


3.ヘリコプターアラームクロック

helicopter_alarm.jpg

プロペラは飛んでいき、元に戻すまでは鳴りやまない。
何でアパッチ(アーミー)なのかは疑問が残りますが、
強力さをアピールしていることは間違いないですね。
その勇ましい姿は、こちらから。

4.人生時計 タカラトミー

jinseiwatch.jpg

打って変わって、売れ筋なデザインと広告の目覚ましアイテム。
小型で、カラーもたくさんあるんで、インテリアとしても楽しめますね。
かわいい動画は、こちらから


5.ナンダクロッキー(アーク)

1.jpg

「ナンダ」っていうのは、外国人のナンダさんがデザインしたからだそう。
ネーミングもさることながら、カタチも可愛いですが、
その分、動きをみると、憎ったらしいほどに動き回ります。
こちらで、イラッと感が伝わるでしょう。

最後はこちら。
これが究極だったんですが・・・

6.おこし太郎 JR東日本

okoshitaro1.jpg

残念ながら現在は製産終了となってしまったようです。
JR東日本が仮眠する車掌を起こすために開発されたため、こう評価されています。

おこし太郎は業務用出身だけあって容赦がない。
"決められた時刻に起こす"という本来の任務を、極めてシビアに実行してくれる。

その様子は
こちらの動画でご覧ください。

以上、一部の気になる目覚まし時計をご紹介しました。

次回は、それでも、それでも二度寝LOVEの方にお勧め。
快眠ガイドの坪田先生が、そんなみなさんへお慈悲コラムを書かれています。


PageTop

まくろぐ オンラインストア

other

  • MIJP
  • 日本睡眠学会
  • Kitamura Japan
  • 取り扱い店舗一覧
  • お取り扱いをご希望の法人様へ
  • まくら選びに困ったら
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923

© Kitamura Japan All Right Reserved