まくらのキタムラ

  • chinese
  • English
  • 商品一覧
  • 眠りのコラム
  • 取扱い店舗一覧
  • 会社概要
  • オンラインストア
  • お問い合わせ

他の動物の眠りについて


ヒトの睡眠については、様々なことが明らかになってきた昨今。
他の動物の睡眠との違いが、とても興味深いです。


例えば、睡眠時間。

ヒトは平均で8時間ほどですが、ナマケモノは平均で20時間も眠っているそうです。
いつも寝ていそうなネコでも14時間ほどですから、
ナマケモノはその名の通り、よっぽど眠っているんですね。

<ナマケモノ>

namakemono.jpg


逆に馬などは2時間ほどしか眠らないし、
キリンに至っては、なんと一日20分ほどしか眠らないとのこと!

常に身を守る必要のある草食動物はショートスリープだそうです。

また、鳥などは木にぶら下がりながら眠っていて、
よく落ちないなと思われた方もいるはず。
実は彼ら、眠っているとき、緩むのではなく、木に捕まる方向で筋肉が弛緩するそうです。

これはヒトにも見られることで、
生まれたての赤ちゃんが寝ている様子を観察すると、
手が何かを握るようにしていますが、これがその名残といえるでしょうか。

しかし、ヒト以外の動物のネムリについては
まだまだ知られていないことが多いようです。

つい最近(2004年)、ある調査結果が学会にて発表されました。
それによると、産まれたばかりの赤ちゃんイルカは、
まだ水中でうまくバランスが取れないために、生後1ヶ月ほどは眠らず過ごす」と
前年に発表されたばかりだったのですが、新たな研究結果では
泳ぎながらも細切れに眠っている」という、まったく異なる内容でした。

一年ほどで180度違う見解になってしまうほど、
未だに他動物のネムリは未知であるということが言えます。

それにしても片目をつむりながら、
右脳と左脳それぞれを交互に眠らせる、という
休息の取り方には、いささか驚かされます。

私たちヒトもそのようなネムリができたら、
一日をもう少し有意義に過ごせるのかもしれませんね。
ただ、逆に、仕事の量の方が、さらに増えてしまいそうですが・・・

<気持ちよさそうに眠るシロクマ>

whitebear-sleep.jpg

これからも、動物の睡眠研究には、目が離せません。

まくらのキタムラ 北村圭介

PageTop

まくろぐ オンラインストア

other

  • MIJP
  • 日本睡眠学会
  • Kitamura Japan
  • 取り扱い店舗一覧
  • お取り扱いをご希望の法人様へ
  • まくら選びに困ったら
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923

© Kitamura Japan All Right Reserved