まくらのキタムラ

  • chinese
  • English
  • 商品一覧
  • 眠りのコラム
  • 取扱い店舗一覧
  • 会社概要
  • オンラインストア
  • お問い合わせ

睡眠に関する17カ国間の違い(ディズニー社調べ)


睡眠についての各国の違いをディズニーが調査しました。

地球上もっとも有名な企業の一つ、ウォールト・ディズニーが、
「眠れる森の美女」のDVD発売に際して、ある興味深いアンケートを発表。

それは、世界17カ国における、眠りについての事情調査したものです。

sleepingBeauty.jpg


これによると、日本人の睡眠時間は一番少ないようなのですが、
ビューティスリープ(眠りの美容効果)を80%以上の、かなり高い割合で信じています。

確かに今、日本の雑誌、インターネットでは常にその関係が特集されていますので、
多くの方が意識をしてるようですね。

しかし、その割には日本人の寝支度は、結構適当な感じで、
着の身着のままに近いように、フトンへ入ってしまってます。

このあたり、ブラジル人の入眠前の丁寧さと、大きな違いがあります。

アルゼンチン人の60%は、不眠を感じることはないという、
他国を見ても群を抜いて高い数値ですが、何が理由なんでしょうか。

そして、キスで目覚めるという、我々からは想像もつかない
とってもメルヘンな目覚めを
80%以上の人が経験しています。

ちなみに対象は、18歳から64歳の男女、500名からのデータです。
質問の内容から、この年齢差はかなり 微妙な部分もあるかと思いますが、
それでも、各国の睡眠に対する違いは、おもしろい結果になっています。

<関連資料> 日経トレンディBiz誠

PageTop

まくろぐ オンラインストア

other

  • MIJP
  • 日本睡眠学会
  • Kitamura Japan
  • 取り扱い店舗一覧
  • お取り扱いをご希望の法人様へ
  • まくら選びに困ったら
北村圭介

枕のキタムラ 北村圭介
kitamura1923

© Kitamura Japan All Right Reserved